今回の物は、OHTO アメリカンテイストです。

20180711_AmericanTaste_all

 元々入っているリフィルは OHTO の Parker 互換リフィルなので、Parker 互換リフィルを選べば改造は必要ありません。
最近ではジェットストリームの Parker 互換リフィルも販売されてますし、ROMEO の easyflow なんかも評判良いですね。


20180711_AmericanTaste_OHTO



しかしながら、Parker 互換リフィルは一様にお値段高めです。500〜800円というところでしょうか? OHTO ならもう少し安いですが。  一方、私のようにどうしても ゲル リフィルを入れたい、あるいは黒、青、赤以外のリフィルを入れたいという人間もいるわけで、しかもできればお安くて性能の良い日本メーカーのリフィルを.......。そこで、お安くて割と簡単に手に入る日本メーカーのゲルリフィルをこの OHTO アメリカンテイストに入れる方法を考えます。  今回の改造は、かなり強引です。以下がその成果物。

20180711_AmericanTaste_done

 このリフィルの元の姿は何かというと、サクラクレパスの SAKURA craft_lab 用専用 リフィルです。定価、税抜き200円。

 これでなくても良かったのですが、とりあえず手元にあったのと、サイズ(リフィルの全長)がぴったりだったのです。


 OHTO アメリカンテイストに入れられるリフィルの条件には以下があります。いくつかの条件は改造によって克服しますが、改造によっても克服困難な条件もあるので、一つ一つについて検討します。


1.  Parker 互換リフィルの尻栓についているギア

 Parker Jotter などであれば、ペン先の軸からの出し入れに機構の一部として使っているのでギアなしのリフィルは使えませんが、OHTO アメリカンテイストでは、ペン先の出し入れは押し出し式なので、リフィル側のギアは機構としては使っていません。

 よって、ギアを含めた長さだけがリフィル選定の条件となります。で、この長さがピッタリなのが「SAKURA craft_lab 用専用 リフィル」ということになります。ただし、長さは、リフィルを切ればよいので、別のリフィルでも使用可能です。例えば、同じサクラクレパスのボールサイン用リフィルとか。


2.  リフィルの外径

 OHTO アメリカンテイストの押し出し機構部分には金属の筒が付いていて、そこに入れられるリフィルしか使えません。その金属の筒の内径が 5.5mm 程度なので、外径 5.5mm のリフィルしか使えません。

 該当するのは、ボールサイン用リフィル、ノック式シグノ用リフィル などです。ゲルではありませんが、ジェットストリーム(SXR-5) なども使えそうです。他にも使えるリフィルがあるかもしれません。

 一方、使えそうにないのは、サラサ、エナージェル、ジュース、ジュースアップ などです。これらは、外形が 6mm 程あります。


3.  ペン先(金属チップ)の太さ

 規格では、パーカー互換リフィルのペン先の外径は 2.50〜2.57mm となっています。たいていのリフィルならこれより細いので、ここがネックになることはなさそうです。


4.  ペン先(金属チップ)の長さ

 parker 互換リフィルでは、先の細い部分が 23mm ほどありますが、そこまでは必要ありません。押し出し式の軸であれば、ペン先から 9mm程度あれば何とか使えそうです。

 しかしながら、たいていのリフィルは、8mm程しかありません。これを何とかしようというのが今回のネタの主題です。


 では、改造に入っていきます。


 リフィルの外径 5.5 mm 以下制限から、選択肢はボールサイン用リフィル、ノック式シグノ用リフィルなどですので、手持ちのボールサイン用リフィルと同等のサクラクレパスの SAKURA craft_lab 用専用 リフィルを使います。このリフィルの長さが、前述のとおり 98mm というパーカー互換リフィルとほぼ同じ。結果、長さの調整は不要でした。ボールサイン用リフィル、ノック式シグノ用リフィルなどを使う場合は、長さ 98mm 程度に調整すれば使えることになります。


 さて、問題はペン先(金属チップ)の長さです。リフィルの樹脂部分から突き出している金属部分の長さは 8mm 程度しかありません。このまま使う手もありますが、見た目も良くないですし、記述の際にペン先が見づらくなるので書きにくくなります。やはり最低でも 9mm はほしいところです。

 なにをするかというと、ペン先(金属チップ)の収まっている樹脂部分を一部切除します。

 まず金属部の収まっている樹脂部分を端から精確に 1mm の幅で “O” 状にカッターでカットします。 この状態で、この ”O” 状の樹脂を抜こうとするとペン先を抜いてしまって大変なことになるので、”O” 状の樹脂に切り込みを入れて ”C” 状にして、ペン先から剥がします。ペン先を樹脂部分から抜いてしまわないよう慎重に剥がします。これで 9mm 長のペン先を実現できました。

Before:
20180711_AmericanTaste_noncut


After:
20180711_AmericanTaste_cut

 この状態でリフィルとして使っても良いのですが、あと2点ほど手を加えます。

 このペン先は外径 2.3 mm ほどしかありませんので、ペン先の通る穴の中で隙間が空きます。記述の際にペン先がカタカタなったりすることもあるので、これを改善します。改善方法は簡単で、テープをペン先に巻くだけです。私は、アルミテープを使っています。

20180711_AmericanTaste_tape


 もう一点、軸の中のバネですが、元々入っているものは長すぎるので、短いものに交換します。私は ZEBRA の JIM-KNOCK に入っていたバネを使っています。


 これで完成です。


20180711_AmericanTaste_taped


 ペン先の出具合が心もとない気もしますが、これ以上出そうとすると「樹脂を切除」する作業のリスクが高くなりますので、この程度で妥協しておきます。改造には妥協も必要です。