No Pen, No Life

ボールペン改造と万年筆(素人)調整

ボールペン

LAMY swift のリフィル交換

 今回のブツは LAMY swift です。

swift_
swift


 swift には見た目 300系 のリフィル LM66 が入っています。が、ゲル J/K/L型のリフィルがそのまま使えるケースは少ないようです。net 上では、Pilot の Juice up 用リフィルが改造無しで swift で使用可能という情報もあります。その辺りも含めて確認したいと思います。

 まず Juice up 用リフィルですが、情報通り無改造で swift での使用が可能です。
swift はノック時のストロークが長い(約11mm)ので、入れようとするリフィルにそのストロークを許容する条件が必要です。その "条件" とは、「リフィル後端から100mm より先の径が 2.62mm 以下であること」です(どのように条件を導き出したかについては後述)。
Juice up はリフィル先端部が独特の形状をしており、リフィル後端から99mm より先が直径 2.50mm 以下なので条件クリア。無改造で使うことができます。

swift_Jup_01

swift_Jup_02

 Juice up 以外にも無改造で使えるリフィルがあります。OHTO の C-305 です。これぞ 300系 水性 A型。C-305 は、リフィル後端から 95mm より先は直径 2.3mm で、これも条件をクリア。

swift_C305_00

swift_C305_01

 水性 LM66 から水性 C-305 にすることにも意味はあるかと思います。値段とか。

 swift に無改造で使えるリフィルは、私が確認できた範囲ではこれら2種類になります。
 

 ここで、どのように "条件" を導き出したのかということを説明します。
 net 上に、「Pilot LG2RF/LP2RF が、リフィル後端のキャップを外すことで swift で使える」という情報を見つけました。Pilot LP2RF は、Pilot Juice 用のリフィルです。確かに、LP2RF の後端キャプを外すと swift でノックできるようになります。キャプを付けたままでも辛うじてノックできることもありますが、外した方が確実です。なので、この LP2RF のキャップを外す/外さない が swift でノック出来る/出来ないの境界であると認識しました。

swift_LP2RF_00

 swift に LP2RF キャップ付きを入れて、どこが引っかかってノック出来ないかを考えてみると、先端チップをリフィルに繋いでいるプラの部分が swift 先端部の穴を通らないから引っかかる、すなわちノック出来ないということがわかります。このプラ部分がノック時のストロークを 11mm 以下に制限している原因ということになります。
 そこで LP2RF の後端キャップを外して後端から先端チップを繋いでいるプラ部までの長さを測ると丁度 100mm となります。

swift_J_noC_100
LP2RF キャップ無し


swift_J_wC_100
LP2RF キャップあり

 すなわち、リフィルの後端から 100mm より先が swift 先端部の穴を通ればノックできることになります。swift オリジナルのリフィル LM66 の径は 2.62mm ですので、リフィルの後端から 100mm より先が 2.62mm よりも細ければ、先端部の穴を通ることになります。

swift_LM66_262

 以上から、「リフィル後端から100mm より先の径が 2.62mm 以下であること」が、swift で使えるリフィルの条件となります。LP2RF では、リフィル後端のキャップを外すことによってこの条件に合うようにしていることになります。

swift_J_nock_noC
LP2RF キャップ無し

swift_J_nock_wC
LP2RF キャップあり

 しかしながら、リフィル後端のキャップを外した状態では、リフィル全体の長さも短くなるので、
リフィル後端のキャップを外してノック出来たとしても、ノック後に出るペン先は少々短くなります。見た目も美しくありません。キャップを付けた状態でノック出来れば、ペン先は適切な長さが出ますし、見た目も美しいです。

 そこで次は、ノック出来ないリフィルを後端を切らずにリフィル全体の長さを保ったままノック出来るようにする方法を考えます。LP2RF はひとまず置いておいて、別のリフィルで確認します。

 そのままでは swift でノック出来ない Pentel の エナージェル用リフィル(LR5, LRN5 など)を swift で使えるようにしてみました。

 LRN5 の後端からチップを繋いでいるプラ部までは 102.5mm あります。従って LRN5 を swift に入れてノックしても十分なストロークが得られず、ノック出来ません。
この 102.5mm を 100mm 以下にします。が、リフィル後端は切りません。切らない理由は、前述の通りペン先が十分出なくなり、美しくないからです。
ではどうするかというと、プラ部の先を直径2.62mm 以下となるように削ります。

swift_EG_pp

swift_EG_cut

swift_EG_nock

 という次第で、エナージェルのリフィルも swift で使えるようになりました。
削り方は、鉛筆をカッターで削るようにプラ部の先を少しずつ削いでいきます。一度に削ろうとせず、少しずつ削っていくのがうまくいくポイントです。

 以上のように、チップの接続されているプラ部の先 2mm 程度を削って 2.62mm 以下にすれば、大抵の 300系 リフィルは swift で使えるようになりそうです。ただし、この削る作業はリフィルを使えなくしてしまうリスクもありますので、そのリスクを負ってまでそのリフィルを使いたいかどうか十分に考えてから実行に移してください。
 私は、サラサのリフィルを削ろうかと思いましたが、結局途中でやめてしまいました。サラサのリフィルを削っている最中にチップがグラついてきました.......。何事も十分な事前検討と、場合によっては深みにハマる前に撤退を......。


最後に。

 この swift、ご存知の通りなかなか複雑なノック構造をしてまして、数回ノックするとクリップ部分が引っ掛かるようになってしまいます。私の swift も10回ほどノックすると、引っ掛かるようになってしまいました。そんな時は、クリップの下にノズルを突っ込んでシリコンスプレーを極々少量吹き付けます。0.3秒以下で噴射を終えるくらいのつもりでスプレーすると良いかと思います。これで、引っ掛かることもなく、ノックできるようになりました。

swift_siliconoil

 なお、CRC-556 はお勧めしません。シリコンスプレーをお使いください。

無印ボールペン(アルミ軸)のリフィル交換 ゲル化

 無印良品にアルミ軸のボールペンが売られています。www.muji.net では、「アルミ六角ボールペン 0.7mm・黒・ニードルタイプ」490円 となっています。

20180828_muji_before


 おそらくこの軸、OHTO の OEM と思われます。リフィルは OHTO の No.897NP ですか。
 写真上が 無印に入っていたリフィル。下が別の OHTO OEM 品に入っていたリフィル。下側のリフィルには OHTO No.897NP と刻印されています。

20180828_muji_ohto_x2


 NP は Needle Point の略で、ペン先(チップ)部分が針のように細くなっていて、筆記の際にペン先が紙に接触している箇所が見やすくて良いのですが、油性インクということもあってかペン先のコントロールがうまくいかず、字が思ったように書けません。
 そこで、リフィルをゲル化します。といっても今回は大した事ありません。改造というのもはばかられるような簡単な作業です。初心者向け改造程度でしょうか?
 今回使用するのは、ぺんてる スリッチーズ用のリフィル BGR5 ブルーです。

20180828_muji_ohto_sliccies


 無印の元のリフィルと比べると、同じく Needle Point ですが、長さが 9 mmほど長いのと、スプリング止めのクリンプがありません。そこで、長さはリフィルの後ろを切るとして、クリンプをどうするかがポイントとなります。

 やることは簡単で、テープをクリンプがある同じ位置に巻くだけです。私は、アルミのテープを使ってます。アルミのテープは幅が 40 mm あるので、15 mm の長さに切って 40 x 15 mm の短冊にします。15 mm 幅のテープをリフィルに巻いてクリンプの代わりにするわけです。

20180828_sliccies_mod

 写真下が、スリッチーズ リフィルをカットしてアルミテープを巻いた改造後です。
 これで完成です。

 で、リフィル交換後ですが、

20180828_muji_after


見た目は変わりません。変わっても良いのですが、今回は交換前後で Needle Point と同じ形状だったので、変わりません。が、油性からゲルに変わったので、書き味は良くなりました。ペン先のコントロールも思ったようにできます。色もブルーにしたので、その点も好みになりました。

 以上の、長さ調整とバネ止め追加を応用すると、使う軸、リフィルの組み合わせが増えますので、可能性は広がるかと思います。

OHTO アメリカンテイストに ゲル リフィル

 今回の物は、OHTO アメリカンテイストです。

20180711_AmericanTaste_all

 元々入っているリフィルは OHTO の Parker 互換リフィルなので、Parker 互換リフィルを選べば改造は必要ありません。
最近ではジェットストリームの Parker 互換リフィルも販売されてますし、ROMEO の easyflow なんかも評判良いですね。


20180711_AmericanTaste_OHTO



しかしながら、Parker 互換リフィルは一様にお値段高めです。500〜800円というところでしょうか? OHTO ならもう少し安いですが。  一方、私のようにどうしても ゲル リフィルを入れたい、あるいは黒、青、赤以外のリフィルを入れたいという人間もいるわけで、しかもできればお安くて性能の良い日本メーカーのリフィルを.......。そこで、お安くて割と簡単に手に入る日本メーカーのゲルリフィルをこの OHTO アメリカンテイストに入れる方法を考えます。  今回の改造は、かなり強引です。以下がその成果物。

20180711_AmericanTaste_done

 このリフィルの元の姿は何かというと、サクラクレパスの SAKURA craft_lab 用専用 リフィルです。定価、税抜き200円。

 これでなくても良かったのですが、とりあえず手元にあったのと、サイズ(リフィルの全長)がぴったりだったのです。


 OHTO アメリカンテイストに入れられるリフィルの条件には以下があります。いくつかの条件は改造によって克服しますが、改造によっても克服困難な条件もあるので、一つ一つについて検討します。


1.  Parker 互換リフィルの尻栓についているギア

 Parker Jotter などであれば、ペン先の軸からの出し入れに機構の一部として使っているのでギアなしのリフィルは使えませんが、OHTO アメリカンテイストでは、ペン先の出し入れは押し出し式なので、リフィル側のギアは機構としては使っていません。

 よって、ギアを含めた長さだけがリフィル選定の条件となります。で、この長さがピッタリなのが「SAKURA craft_lab 用専用 リフィル」ということになります。ただし、長さは、リフィルを切ればよいので、別のリフィルでも使用可能です。例えば、同じサクラクレパスのボールサイン用リフィルとか。


2.  リフィルの外径

 OHTO アメリカンテイストの押し出し機構部分には金属の筒が付いていて、そこに入れられるリフィルしか使えません。その金属の筒の内径が 5.5mm 程度なので、外径 5.5mm のリフィルしか使えません。

 該当するのは、ボールサイン用リフィル、ノック式シグノ用リフィル などです。ゲルではありませんが、ジェットストリーム(SXR-5) なども使えそうです。他にも使えるリフィルがあるかもしれません。

 一方、使えそうにないのは、サラサ、エナージェル、ジュース、ジュースアップ などです。これらは、外形が 6mm 程あります。


3.  ペン先(金属チップ)の太さ

 規格では、パーカー互換リフィルのペン先の外径は 2.50〜2.57mm となっています。たいていのリフィルならこれより細いので、ここがネックになることはなさそうです。


4.  ペン先(金属チップ)の長さ

 parker 互換リフィルでは、先の細い部分が 23mm ほどありますが、そこまでは必要ありません。押し出し式の軸であれば、ペン先から 9mm程度あれば何とか使えそうです。

 しかしながら、たいていのリフィルは、8mm程しかありません。これを何とかしようというのが今回のネタの主題です。


 では、改造に入っていきます。


 リフィルの外径 5.5 mm 以下制限から、選択肢はボールサイン用リフィル、ノック式シグノ用リフィルなどですので、手持ちのボールサイン用リフィルと同等のサクラクレパスの SAKURA craft_lab 用専用 リフィルを使います。このリフィルの長さが、前述のとおり 98mm というパーカー互換リフィルとほぼ同じ。結果、長さの調整は不要でした。ボールサイン用リフィル、ノック式シグノ用リフィルなどを使う場合は、長さ 98mm 程度に調整すれば使えることになります。


 さて、問題はペン先(金属チップ)の長さです。リフィルの樹脂部分から突き出している金属部分の長さは 8mm 程度しかありません。このまま使う手もありますが、見た目も良くないですし、記述の際にペン先が見づらくなるので書きにくくなります。やはり最低でも 9mm はほしいところです。

 なにをするかというと、ペン先(金属チップ)の収まっている樹脂部分を一部切除します。

 まず金属部の収まっている樹脂部分を端から精確に 1mm の幅で “O” 状にカッターでカットします。 この状態で、この ”O” 状の樹脂を抜こうとするとペン先を抜いてしまって大変なことになるので、”O” 状の樹脂に切り込みを入れて ”C” 状にして、ペン先から剥がします。ペン先を樹脂部分から抜いてしまわないよう慎重に剥がします。これで 9mm 長のペン先を実現できました。

Before:
20180711_AmericanTaste_noncut


After:
20180711_AmericanTaste_cut

 この状態でリフィルとして使っても良いのですが、あと2点ほど手を加えます。

 このペン先は外径 2.3 mm ほどしかありませんので、ペン先の通る穴の中で隙間が空きます。記述の際にペン先がカタカタなったりすることもあるので、これを改善します。改善方法は簡単で、テープをペン先に巻くだけです。私は、アルミテープを使っています。

20180711_AmericanTaste_tape


 もう一点、軸の中のバネですが、元々入っているものは長すぎるので、短いものに交換します。私は ZEBRA の JIM-KNOCK に入っていたバネを使っています。


 これで完成です。


20180711_AmericanTaste_taped


 ペン先の出具合が心もとない気もしますが、これ以上出そうとすると「樹脂を切除」する作業のリスクが高くなりますので、この程度で妥協しておきます。改造には妥協も必要です。


ダイソー万年筆のボールペン化

 またまたダイソー万年筆です。
20180709_daiso_00

 元のお値段を考えると色々と遊び甲斐のある素材です。見た目もそれほど悪くないですし。
 ただ、この万年筆に限って言えば割とよく知られた物なので、一目で「ダイソー万年筆」とばれてしまいますが........。
 そこで、「ダイソー万年筆!!」と言われても「君が思っているものとは違うよ」と言い返せるような改造です。そもそも、その目的のために改造するほどのものでもないですが。
 ではなぜ改造したかというと、これもニブの調整に失敗してゴミ箱行き確定だったからです。

 元々この固体は、フローが悪くてインクが出るときはドバッと出るのですが、書いているとそのうちまったく出なくなる固体だったのです。原因は、ニブとペン芯が密着してなくてインクを正しくペン先まで導けてないことでした。
 今なら正しく調整できる自信があるのですが、その状態を発見したときは [ ペン芯をニブのカーブに合わせて削る ] という荒業で調整してしまったのでした。とりあえずは使えるようになったのですが、その後も色々あってニブとペン芯は別の用途に使うことになりました。
 そして残った軸が、ゴミ箱に行くか、別の用途を模索するか、という選択となった次第です。

 とあるブログで、このダイソー万年筆の軸をキャップ式シグノ用のリフィルを使うための軸として改造している記事を見つけたので、同じようにボールペン用のリフィルが使える軸にしようと思いつきました。
 私は、ボールペンは水性 ( A 所謂 300系 ) かゲルインク ( J あるいは K ) リフィルを使いたいので、それらに合う改造を施すことにしました。

 で、いきなりですが以下のような姿になりました。
20180709_daiso_00_all


20180709_daiso_01_ball
 今は、 OHTO の C-305 を入れてます。
 ペン先の出方が少々心もとないですが、これについては後述します。

 作業手順として、まずはニブとペン芯を抜き取ります。私の場合は既に抜き取り済みでしたが。
 その後、ドリルでリフィルが入るように穴を開けていきます。後ろから 6mm 径のドリルの刃を入れて深さ 24mm 程のところまで穴を拡げています。この穴の深さは最終的にどういう形状にするかによってケースバイケースかと思います。
20180709_daiso_02_drill

 元の万年筆にはないボールペン軸特有の形状にするために、先端に別の部品を取り付けています。
 これをどこからどのように調達するかがこの改造のポイントになるかと。
 私の場合は、たまたま景品としてもらった安物ボールペンの先がちょうど良かったのでそれを流用して、瞬間接着剤で先端に接着しました。形状的にはちょうど良かったです。同じようなゴミ寸前のボールペンの先端を切り落として流用するなどの手もあるでしょうか。

 そして、最後に同軸の奥に小さなスプリングを入れて完成です。OHTO のリバティなどにも同じようなスプリングが入っていて、リフィルを後ろから押さえてますので、その模倣です。


 完成した軸に色々なリフィルを入れてみました。

20180709_daiso_03_ohto
 まずは、OHTO C-305 です。
 前述のとおりペン先の出方が心もとないですが、これは別のリフィルを入れたときにちょうど良いように調整しているためです。

20180709_daiso_04_jetstream
 これは Jetstream を入れた場合です。少々ペン先が出すぎているようにも思いますが、Jetstream ですのでこれくらいでちょうど良いのでしょう。また、リフィルの入る穴の内径は 6mm になっていますが、6.1mm 径 (K) の Jetstream がちょうど良い具合に入ります。

20180709_daiso_05_signo
 Signo です。実は最初から Signo を入れるつもりで穴を調整しましたので、ちょうど良い感じでペン先が出ているかと思います。Signo も リフィルは外径 6.1mm ですので良い具合に入ります。

20180709_daiso_06_ballsign
 これは Ballsign を入れてます。外径 5.5 mm のリフィルですので、緩々です。
ペン先の出具合は、まぁこんなもんでしょう。

20180709_daiso_07_energel
 Energel です。これもちょうど良い感じでペン先が出てますね。

20180709_daiso_08_sarasa
 最後は sarasa ですが、これは OHTO C-305 と同じくペン先があまり出てません。
 リフィルの形状に依存するので、これは致し方なしです。
 sarasa に合わせると他のリフィルが出過ぎるので、妥協です。


 ゴミ箱行き寸前のダイソー万年筆の軸をまたしても救ってしまいました。
 (画像のホワイトバランス、バラバラ ........ )
ギャラリー
  • LAMY safari/Al-star で Platinum Preppy Nib を使う  〜完成編〜
  • LAMY safari/Al-star で Platinum Preppy Nib を使う  〜完成編〜
  • LAMY safari/Al-star で Platinum Preppy Nib を使う  〜完成編〜
  • ダイソー万年筆の遊び方
  • ダイソー万年筆の遊び方
  • ダイソー万年筆の遊び方
  • ダイソー万年筆の遊び方
  • ダイソー万年筆の遊び方
  • ダイソー万年筆の遊び方