No Pen, No Life

ボールペン改造と万年筆(素人)調整

LAMY

LAMY safari/Al-star で Platinum Preppy Nib を使う 〜完成編〜

 以前、Platinum Preppy の Nib を改造して LAMY で使えないかという試みをご紹介しましたが、前回は、 Nib の改造だけで実際に LAMY に載せ替えるだけの度胸がありませんでした。実は、今でもその度胸はないのですが......

 しかしながら、載せ替えたら実際にどうなるのかという確認ができる環境を整えたので、ご紹介します。

 結果です。

IMG_6668

 ペン芯に Platinum Nib が載ってます。
 実はこのペン、LAMY safari ではありません。所謂中華万年筆の LAMY safari コピーです。細かくは safari とは異なりますが、パッと見は safari です。
 さらにペン芯も元々このペンで使われていたペン芯ではなく、中華製の補修部品を手に入れてそれを使っています。
 それでも、LAMY safari で載せ替えればこんな感じになるのだという参考にはなります。


IMG_6669


真正 LAMY safari と比べてみました。載せ替えに使った中華ペン芯が奥まで入りきらずに少々飛び出てますが、 Platinum Nib の短さをカバーしてバランス的には悪くないかと思います。ただやはり短い分、ずんぐりした印象になりますね。


 裏はこんな感じです。

IMG_6670


 中華ペン芯の先を、Platinum Nib のペンポイントと干渉しないように 1mm ほど削ってます。また、上から見た際にペン芯が Platinum Nib の横からはみ出して見えないようにペン芯の先の左右も削り込んでいます。

 インクを入れて使ってみました。書き味は Platinum そのものですが、safari のガイド(親指と人差し指の当たる窪み)があることで、Platinum と safari のいいとこ取りしたような感じになりました。Platinum の 02 Nib を使えば LAMY safari では得られない極細の万年筆となりますし、応用は色々考えられます。
 ただし、LAMY safari にこの改造を施すのは度胸が必要ですので、そこだけハードルが高いです。

LAMY風コンバーターをLAMYで使用可能にする

更によくわからないタイトルとなっています。例によって別の表現をすると
「見た目は LAMY safari/Al-star のコンバーターとして使えそうだけど、LAMY safari/Al-star で使うと口が緩くてインクが漏れてしまう中華コンバーター(LAMY コピーの出来損ない)を真正LAMY safari/Al-star で使用可能にする」ということです。

作り方は簡単.....例によって三行で説明できます。
 1. LAMY のインクカートリッジから”口”のパーツを取り出す。
 2. 中華万年筆に付いてたりする LAMY風(出来損ないコピー)コンバーターの”口”付近を輪切りにする。
 3. 2.の輪切りにしたコンバーターに 1.のパーツをはめ込む

つまり、やることは前回の「プラチナコンバーター化」と同じです。一点だけ異なるのは LAMY のインクカートリッジを使用すること。"口"のパーツの外し方もプラチナカートリッジと同様ですので省略させていただきます。
注意点としては、LAMY の"口"のパーツは柔らかくて割れ易いので、取り扱い要注意です。最悪、使用中に割れてしまうことも考えれれます。

実は、中華コピーの LAMY safari に LAMY インクカートリッジを挿したら口が割れてインクが全漏れしたことがあります。原因は中華コピーコンバーターの口は内径が大きめで、ペン側も太めに作ってあったため LAMY インクカートリッジの口が割れたということなのですが、ほんの僅かなサイズ違いでも簡単に割れてしまうのが LAMY インクカートリッジの口です。
何れにせよ、LAMY インクカートリッジの"口"のパーツは割れ易いのでくれぐれもご注意を。

もう一点。LAMY インクカートリッジの"口"のパーツはカートリッジ本体に熱圧着されているようで、ポロリとは外れません。"口"のパーツをカートリッジ本体から引き剥がすようなことになりますので、外れた"口"のパーツは見た目あまり美しくないです。が、使用には耐えられる程度ですので、見た目を気にせず使ってます。 

出来上がりはこの様になります。

LAMY_conv_000


元の「中華コンバーター(LAMY コピーの出来損ない)」はこんな感じです。いかにも LAMY safari/Al-star で使えそうに見えます。が、真正 LAMY の safari/Al-star に挿してもゆるゆるで使えません。インク漏れどころか挿すことさえままなりません。
なお、「中華コンバーター(LAMY コピーの出来損ない)」にはサイズが色々あって、今回の改造には向かないものもあるのでご注意を。具体的には、赤いつまみの部分が太くて真正 LAMY safari/Al-star には入らない物が存在します。この改造を施す前にその点は確認しておいたほうが良いかと。

LAMY_conv_001


で、取り外した LAMY インクカートリッジの"口"のパーツはこんな感じです。カートリッジ本体から剥がした跡がどうしても残ります。ただ、剥がした部分は、コンバーターに入るので、見た目は多少マシになります。

LAMY_conv_002


真正 LAMY Al-star に挿してみました。元の「中華コンバーター(LAMY コピーの出来損ない)」には本体横にポッチが付いてないので、"口"だけで固定することになります。元々インクカートリッジにはポッチは付いてないですし、他のブランドの万年筆のコンバーターにもポッチは有りませんので、十分使用には耐えられるとは思いますが、注意が必要です。特にこのコンバーターでインクを吸い上げる際、首軸を持って赤いつまみを回していると"口"の部分が滑って回ります。最悪、コンバーターが抜けてインクまみれになる可能性もありますので、インク吸い上げ時には十分な注意が必要です。

LAMY_conv_003


現時点で、Al-star で使っています。一応使えています。インク吸い上げ時にコンバーターが外れそうになりました。インクカートリッジの"口"のパーツは滑り易いように作られているようです。

再度書いておきますが、LAMY インクカートリッジの"口"のパーツは割れ易いので、恒久的に使うことは出来ないと思います。数回使ったら潔く捨てましょう。


注意
⒈ コンバーターが割れて”口”のパーツのみ万年筆側に残ってしまうという事故が起こる可能性があります。
もちろん、同時にインク漏れも起こります。
⒉ 万が一、コンバーターが割れて”口”のパーツのみ万年筆側に残ってしまった場合は、先の細いラジオペンチ、ピンセットなどで取り外すことが出来るかもしれません。

LAMY風プラチナ用コンバーターの作成

LAMYなんだかプラチナなんだかよくわからないタイトルとなっていますが、別の表現をすると
「見た目は LAMY の純正コンバーターに見えるけど、使えるのはプラチナの万年筆、という変態コンバーター」
を作ってみました。

作り方は簡単.....三行で説明できます。
 1. プラチナのインクカートリッジから”口”のパーツを取り出す。
 2. 中華万年筆に付いてたりする LAMY風(出来損ないコピー)コンバーターの”口”付近を輪切りにする。
 3. 2.の輪切りにしたコンバーターに 1.のパーツをはめ込む

出来上がりはこの様になります。

conv_000


当然ながら何の問題もなくプレピーに挿せます。

conv_preppy_e


インクを吸い上げるとこんな感じで使えます。

conv_preppy_f


三行で説明しましたが、コツもあるので詳細を説明しておきます。

まず、インクカートリッジから”口”のパーツを取り出す手順ですが、以下のようにすれば2〜3分程度で取り出せます。
まず、青線の部分に切り込みを入れます。切ってしまう必要はありません。カッターを使って深さ0.5mm 程度の傷をつけるくらいのつもりで切り込みを入れます。この切り込みは後で入れても良いのですが、この段階でやっておくとやり易いのでまずやっておきます。

conv_Blue


次に、赤線の部分を輪切りにします。”口”のパーツの端から数ミリ離れたところを輪切りにします。

[conv_Red]

conv_Red


輪切りが終わったら、黒線の部分に切れ目を入れます。先程の青線の切り込みに合わせるように切ります。

conv_Black


切れ目の左右をラジオペンチで掴んで引っ張るようにしてカートリッジを引き裂きます。

conv_P2


conv_P3


conv_P4


さらに切り裂くと”口”のパーツが簡単に取れるようになります。

conv_P5

conv_P6


もう一つの構成要素「中華万年筆に付いてたりする LAMY風(出来損ないコピー)コンバーター」
は、こんな見かけのものです。

conv_cnv01


LAMY純正コンバーターを使っても良いですが、お高いのでこうしたお遊びには不向きかと思います。
LAMY純正コンバーターを使うくらいならば純正のプラチナ用コンバーターを買えば良い話ですし。
ということで「LAMY 風(出来損ないコピー)コンバーター」を使います。
別の安価な中華コンバーターでも良いのかもしれません。プラチナの”口”のパーツが入るだけの太さが必要なので太いものが望ましいのですが、太過ぎると今後は"口"のパーツが緩く入って、コンバーターを首軸から抜く時に"口"のパーツだけ首軸に残ってしまうという事故も起こりかねません。"口"のパーツが何とか押し込める程度の「LAMY風(出来損ないコピー)コンバーター」が最適かと思われます。

輪切りにするとこんな感じになります。

conv_cnv02

conv_cnv03


この輪切り部分に取り出したプラチナの”口”のパーツを挿しこみます。
少々力づくで入れる必要があるので、その点ご注意ください。最悪割れる場合がありますし、使っているうちに割れることもあろうかと思います。そういうこともあるという点を認識しておいてください。
一方、簡単に入ってしまうようでは首軸からコンバーターを抜く際に"口"のパーツだけ首軸に残ってしまうという事故が起こる可能性もあります。割れない程度に力づくで押し込める、という程度がちょうど良いです。

で、完成です。

conv_LPl

注意
⒈ コンバーターが割れて”口”のパーツのみ万年筆側に残ってしまうという事故が起こる可能性があります。
使用は、替えのきく Preppy などのみとしてください。間違っても Century #3776 などで使用しないように。
⒉ 万が一、コンバーターが割れて”口”のパーツのみ万年筆側に残ってしまった場合、次のような方法で”口”のパーツを取り出せるかもしれません。まず、別途新たな「LAMY 風(出来損ないコピー)コンバーター」を用意して、同じように”口”付近を輪切りにします。輪切りにした部分を万年筆内部に残ってしまった”口”のパーツに押し込みます。その後ゆっくりとコンバーターを抜けば”口”のパーツを掴んだまま抜くことができるかもしれません。
3. 万が一、"口"のパーツだけ首軸に残ってしまったら、"口"のパーツの外側と首軸との隙間にゼムクリップの"U"の部分を押し込んで、勢いよく引っ張ると取れるかもしれません。取れない場合は潔く諦めましょう。諦められる Preppy などでの使用が望ましいかと思います。

LAMY swift のリフィル交換

 今回のブツは LAMY swift です。

swift_
swift


 swift には見た目 300系 のリフィル LM66 が入っています。が、ゲル J/K/L型のリフィルがそのまま使えるケースは少ないようです。net 上では、Pilot の Juice up 用リフィルが改造無しで swift で使用可能という情報もあります。その辺りも含めて確認したいと思います。

 まず Juice up 用リフィルですが、情報通り無改造で swift での使用が可能です。
swift はノック時のストロークが長い(約11mm)ので、入れようとするリフィルにそのストロークを許容する条件が必要です。その "条件" とは、「リフィル後端から100mm より先の径が 2.62mm 以下であること」です(どのように条件を導き出したかについては後述)。
Juice up はリフィル先端部が独特の形状をしており、リフィル後端から99mm より先が直径 2.50mm 以下なので条件クリア。無改造で使うことができます。

swift_Jup_01

swift_Jup_02

 Juice up 以外にも無改造で使えるリフィルがあります。OHTO の C-305 です。これぞ 300系 水性 A型。C-305 は、リフィル後端から 95mm より先は直径 2.3mm で、これも条件をクリア。

swift_C305_00

swift_C305_01

 水性 LM66 から水性 C-305 にすることにも意味はあるかと思います。値段とか。

 swift に無改造で使えるリフィルは、私が確認できた範囲ではこれら2種類になります。
 

 ここで、どのように "条件" を導き出したのかということを説明します。
 net 上に、「Pilot LG2RF/LP2RF が、リフィル後端のキャップを外すことで swift で使える」という情報を見つけました。Pilot LP2RF は、Pilot Juice 用のリフィルです。確かに、LP2RF の後端キャプを外すと swift でノックできるようになります。キャプを付けたままでも辛うじてノックできることもありますが、外した方が確実です。なので、この LP2RF のキャップを外す/外さない が swift でノック出来る/出来ないの境界であると認識しました。

swift_LP2RF_00

 swift に LP2RF キャップ付きを入れて、どこが引っかかってノック出来ないかを考えてみると、先端チップをリフィルに繋いでいるプラの部分が swift 先端部の穴を通らないから引っかかる、すなわちノック出来ないということがわかります。このプラ部分がノック時のストロークを 11mm 以下に制限している原因ということになります。
 そこで LP2RF の後端キャップを外して後端から先端チップを繋いでいるプラ部までの長さを測ると丁度 100mm となります。

swift_J_noC_100
LP2RF キャップ無し


swift_J_wC_100
LP2RF キャップあり

 すなわち、リフィルの後端から 100mm より先が swift 先端部の穴を通ればノックできることになります。swift オリジナルのリフィル LM66 の径は 2.62mm ですので、リフィルの後端から 100mm より先が 2.62mm よりも細ければ、先端部の穴を通ることになります。

swift_LM66_262

 以上から、「リフィル後端から100mm より先の径が 2.62mm 以下であること」が、swift で使えるリフィルの条件となります。LP2RF では、リフィル後端のキャップを外すことによってこの条件に合うようにしていることになります。

swift_J_nock_noC
LP2RF キャップ無し

swift_J_nock_wC
LP2RF キャップあり

 しかしながら、リフィル後端のキャップを外した状態では、リフィル全体の長さも短くなるので、
リフィル後端のキャップを外してノック出来たとしても、ノック後に出るペン先は少々短くなります。見た目も美しくありません。キャップを付けた状態でノック出来れば、ペン先は適切な長さが出ますし、見た目も美しいです。

 そこで次は、ノック出来ないリフィルを後端を切らずにリフィル全体の長さを保ったままノック出来るようにする方法を考えます。LP2RF はひとまず置いておいて、別のリフィルで確認します。

 そのままでは swift でノック出来ない Pentel の エナージェル用リフィル(LR5, LRN5 など)を swift で使えるようにしてみました。

 LRN5 の後端からチップを繋いでいるプラ部までは 102.5mm あります。従って LRN5 を swift に入れてノックしても十分なストロークが得られず、ノック出来ません。
この 102.5mm を 100mm 以下にします。が、リフィル後端は切りません。切らない理由は、前述の通りペン先が十分出なくなり、美しくないからです。
ではどうするかというと、プラ部の先を直径2.62mm 以下となるように削ります。

swift_EG_pp

swift_EG_cut

swift_EG_nock

 という次第で、エナージェルのリフィルも swift で使えるようになりました。
削り方は、鉛筆をカッターで削るようにプラ部の先を少しずつ削いでいきます。一度に削ろうとせず、少しずつ削っていくのがうまくいくポイントです。

 以上のように、チップの接続されているプラ部の先 2mm 程度を削って 2.62mm 以下にすれば、大抵の 300系 リフィルは swift で使えるようになりそうです。ただし、この削る作業はリフィルを使えなくしてしまうリスクもありますので、そのリスクを負ってまでそのリフィルを使いたいかどうか十分に考えてから実行に移してください。
 私は、サラサのリフィルを削ろうかと思いましたが、結局途中でやめてしまいました。サラサのリフィルを削っている最中にチップがグラついてきました.......。何事も十分な事前検討と、場合によっては深みにハマる前に撤退を......。


最後に。

 この swift、ご存知の通りなかなか複雑なノック構造をしてまして、数回ノックするとクリップ部分が引っ掛かるようになってしまいます。私の swift も10回ほどノックすると、引っ掛かるようになってしまいました。そんな時は、クリップの下にノズルを突っ込んでシリコンスプレーを極々少量吹き付けます。0.3秒以下で噴射を終えるくらいのつもりでスプレーすると良いかと思います。これで、引っ掛かることもなく、ノックできるようになりました。

swift_siliconoil

 なお、CRC-556 はお勧めしません。シリコンスプレーをお使いください。

LAMY safari/Al-star で Platinum Preppy Nib を使う

 今回は不可逆改造ですので、後戻りはできない改造となります。

 まず、LAMY Safari/Al-star ですが、その Nib のペンポイントの太さは EF = F = M とも言われています。
 私も 太さ M 並みの EF Nib Safari を所有しています。バラつきと言ってしまえばそれまでですが、Safari/Al-star の Nib は概して太目と言ってよいでしょう。
 がしかし、Safari/Al-star で Platinum, Pilot, Sailor 並みの EF Nib を使いたいという欲求もあろうかと思います。今回はその欲求を満たすべく、Safari/Al-star で日本製並みの EF Nib を使うための改造です。

 方法は2つあるかと思います。
   1. Safari/Al-star の Nib を研いで、真の意味での EF あるいはそれよりも細くしてしまう。
   2. 日本製万年筆の F or EF Nib を safari/Al-star で使う。

 "方法 1." は誰でも思いつくことですし、net 上で探せば実際にやっている例も見つかりますので、ここは敢えて "方法 2." で行きたいと思います。
 その方法は Preppy の Nib を safari/Al-star で使えるようにする、です。
 実は、どこかの Web で「Preppy の Nib を Safari で使っている」という文章を読んだことがあります。文章だけで実際の写真などは見たこと無いのですが、確かに Preppy のNib を見てみると、Safari/Al-star の Nib に似通った特徴があります。
  ・ Nib が直線的に形成されている。
  ・ Nib をペン芯に挟みこむような構造で、Nib 全体が露出している(首軸に入る部分が無い)

20181107_01

20181107_03

20181107_02


 何とかなりそうです。(撮影には事情により Preppy の 03 Nib と 05 Nib が混在しています)
 そこで、Preppy Nib を safari/Al-star のペン芯に入れようとすると、

20181107_04

20181107_05


入りません。

 まず、ペン芯に密着させるための Preppy Nib の両側の「爪」と言っていいんでしょうか、その「爪」の間隔が safari/Al-star のペン芯に対して狭すぎます。そして、その「爪」がペン芯を挟み込むにはペン芯との間に隙間がありすぎます。
 ですので、修正方向としては、Preppy Nib の「爪」の部分を横に広げると同時に、高さ方向を低くします。やりかたは、ペンチで「爪」を挟みながら、力任せに「拡げて、低くする」を実行するだけです。



 なんとか、できました。

20181107_07

20181107_06


 Nib に多少歪ができてしまいましたが、何とか修正できました。
 これを safari/Al-star のペン芯に入れると、ちょうど良い具合に入ります。

20181107_08

20181107_09


 ただし、長さ方向にはペン芯のほうが長いですし、上から見るとペン芯が Nib からはみ出て見えます。そこで safari/Al-star のペン芯を削り...............ません。safari/Al-star の改造はさすがに躊躇します。
 しかしながら、見た目さえ妥協すればこのままでも使用は可能です。Nib をペン芯に対して少し前方向に出せばペン芯が紙に当たることなく筆記することも可能です。とことん改造するなら、ペン芯を削るしかなさそうですが。

 という次第で、Safari/Al-star のペン芯を削る手前までの改造でしたが、 Preppy の Nib を改造すれば LAMY Safari/Al-star で使えることが確認できました。Preppy Nib は 03, 02 とかなり細いペンポイントの Nib がありますので、比較的安価に Safari/Al-star を極細万年筆として使用することが可能となります。
ギャラリー
  • LAMY safari/Al-star で Platinum Preppy Nib を使う  〜完成編〜
  • LAMY safari/Al-star で Platinum Preppy Nib を使う  〜完成編〜
  • LAMY safari/Al-star で Platinum Preppy Nib を使う  〜完成編〜
  • ダイソー万年筆の遊び方
  • ダイソー万年筆の遊び方
  • ダイソー万年筆の遊び方
  • ダイソー万年筆の遊び方
  • ダイソー万年筆の遊び方
  • ダイソー万年筆の遊び方